> > 社長メッセージ

企業情報社長メッセージ

時代の変化に適応し、新しい資産価値を提供する・・・ これが私たちの使命だと考えます。

 
日本最古の鉄筋コンクリート造マンションの登場から約100年。不動産業界は一巡りし成熟しつつある感があります。1963〜67年の第1次マンションブーム以来、オイルショックや列島改造論、バブル景気とその崩壊を経て1994年から2000年には第6次のブームが到来し、マンションは大規模化、超高層化、高付加価値化してまいりました。しかし、阪神淡路大震災、耐震偽装問題、リーマンショック、そして東日本大震災を私たちは経験し、時代が求めるものは変わりつづけています。住まいとしてのマンションに関していえば、高付加価値性の中でもより強固な「安全」が強く求められるようになりました。最近はとくに耐震性についての生活者意識が非常に高まり、安心して暮らせることはもちろん、大切な命を安全に保てる住まいが求められております。

私どもは都心立地に特化した単身者向けマンションを提供する企業として1984年に創業しましたが、主要世帯形態は核家族世帯から単身者世帯に変化し居住者ニーズもそれにともない大きく変化しております。その変化とともに単身者向けマンションへの期待は非常に高くなっており、価値ある資産として注目は増々高まっております。

資産運用という面では、キャピタルゲイン目的の短期売買から将来に備える長期保有に目的が変化してまいりました。豊かな老後を送るための大切な資産の価値を可能な限り高い状態で維持したい・・・そのようなニーズは高まる一方です。

こうした市場環境の中で、私どもは土地の仕入れから設計・建設、分譲、賃貸・管理までのサービスをトータルに提供する企業体として発展してまいりました。立地の良さと建物の品質の高さへのこだわりは一貫しておりますが、それに加えて時代のニーズをとらえた管理の重要性に注目しオーナー樣に満足していただけるよう数々の新しい提案を致しております。

また、100年近い歴史をもつ市場ゆえの新たな課題にも早くから着目し研究を重ねて、耐震補強や建て替えなどで価値を高めるセカンダリー市場の再生事業にも積極的に取り組んでおります。

時代は常に変化し続けています。その中で住宅業界のあるべき姿を見つめ、一歩先をいく資産価値の創造をすること。これが私どもクレアスライフグループの使命であると考えております。そしてその実現に向けて日々進化・変革していくことが社会全体への貢献に繋がると信じ、従来の概念を超えた総合デベロッパーとして新しい不動産ビジネスを創出し続けてまいります。

株式会社クレアスライフ 代表取締役社長 尾池 雄二