> > 研修制度

採用情報研修制度

人を尊重し、人材を育てる。人重視の発想が、企業成長を支える。

企業の競争力を高めるためには、何をおいても人材育成がかかせません。社員個々の継続的な成長があってこそ、企業の継続が可能となるからです。社員の成長は、社員自らの努力が一番大切ですが、それを支える、促す、きっかけを与える立場にあるのは会社であり、会社は成長できる場を提供する責任があります。

新入社員研修

新入社員研修社会人としての一般常識及びマナーを身に着けていただくために、各部署の配属まで、約1ヶ月間の新入社員研修を行っています。その中で、不動産における市況・商品・税務等の基礎知識も身に着けていただき、営業を行っていく上での基礎を学んでいきます。

配属後の職場教育

配属後は、営業活動をしながら日々勉強の毎日です。営業は個々の数字が表れるため、当然個々の努力が必要となりますが、5~6人のチームがあり、チームリーダーである管理職をはじめとする経験豊富は先輩社員から様々なアドバイスがあります。まずは、素直にアドバイスを受け止め実行していくことから始まります。但し、指示を待っているだけでは成長はありませんので、自ら積極的に先輩の真似をする、相談するといった姿勢が大切です。

フォローアップ研修

特に入社後の1年目は社会人としての土台が弱く、何かと悩みを抱えやすい時期でもあります。外部の専門家や経営層が講師となり定期的にフォローアップ研修を行うようにしています。

宅建研修

宅建研修不動産業界で働くにあたり、最も基礎的でかつ必要な資格が宅地建物取引主任者資格です。試験が開催される10月に向け、約半年前から外部講師を招き週に一度の宅建研修を行っています。既存社員のみならず、内定者の皆様に対しても行っています。